痛かったです

本日、懸案となっていた、右上下の親不知の撤去を実施しました。


右下の歯はまだ完全に表まで出てきていなかったので、切開の上、抜歯。
今回も2針縫ってます。


前回同様、上の歯はあっという間に抜けましたが、下の歯はかなり苦戦。

歯医者さんの先生とその助手の二人がかりで、あごを押さえつけられながら、押したり、引いたり、格闘続くこと20分あまり。


客観的にその絵を見たら、かなり笑えた状況だったと思われます。

奥歯の抜歯なだけに、かなり無理やり口を開けられ、本当にあごがはずれるんじゃないかと思いました。
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL