野球が好きな野球部員と野球部が好きな野球部員のお話

  • 2011.01.17 Monday
  • 20:33
4番を務める野球好きな野球部員は、監督からバントの指示があっても無視してフルスイングする。

野球の腕に自信があり、実際、ここぞというときの実績もある彼は、実績ゆえの4番なのであるから、当然に、その実力で自分にしか出せない結果の出し方を実行しようとする。タイムリーにヒットが出れば、その実績によって彼の実力はさらに証明され、彼の判断に説得力が増す。

一方、同じ4番でも、野球部が好きな野球部員は、監督からバントの指示があれば、それに従い、その状況の中で、組織的に動くこと、組織で成果を出すことに喜んで協力する。
彼は忠実にその任務を遂行し、チームに貢献する。


「僕は、野球部好きな野球部員を応援したい人間なんや。」


こんなお話を、先日、誰でも知ってる財閥系企業の人事畑を30年あまり経験された大先輩から伺いました。


この話を伺った時、僕自身はどちらを支持する人間なんだろうか?と思って、「うーん」とうなってしまった。


うちの会社で考えれば、技術が好きな技術者と、会社(チーム)が好きな技術者といったところだろうか。


まだ人生経験の浅い僕は、「そういう4番の存在もありなんじゃないかな?」と思ったりもしたのだけれども、人生の大先輩が、「僕は、野球部好きな野球部員を応援したい人間なんや。」と、しみじみおっしゃってるのを伺うと、やっぱり、「チームのために」を大事にできない人というのは、どんなに優秀な方であっても長い目で見るとチームにとってマイナスになるのかなぁと思ったり・・・・。


「チームは勝つために戦っている」という意識が統一できれば、どちらのタイプにも活躍の機会があり、その意識の統一を含めて、それぞれの活躍の機会をマネジメントするのが監督の役割かなと思ったり・・・。


いろいろ考えさせられました。

日々勉強です。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM