Sony vs. Apple

  • 2007.08.31 Friday
  • 11:40
ATRACの名前で知られる独自のエンコード技術と暗号化規格で頑張っていたSonyですが、米Sonyで、とうとうWindows Media DRM対応(なんとATRAC非対応)の、新ウォークマンをリリースしたそうです。

ソニー新ウォークマンA810/S610シリーズ、ATRACを捨てWM DRM対応、D&D転送可

「DRMフリー」を掲げた Apple が、その破壊的なイノベーションで Sony をジレンマに追い込んだ構図。この件においては、Apple の完勝。Microsoft の DRM に依存することになる Sony のエンジニアは相当悔しい思いをしていると思います。

対応オーディオ形式はWMAのほか、MP3、AAC(DRM無し)とのことで、Microsoft の DRM を採用した販売サイトのWMA形式のファイルはもちろん聞けますが、iTune Music Store をはじめとして、DRMフリーで販売されるAAC形式のファイルも聞けることになります。

iTune Music Store で Apple が採用している独自のDRM "FairPlay" は仕様が公開されていないので、Apple自身が提供する iPod 以外の対応は無し。よって、DRM付きのAACは iPod でしか聞けません。


これでいよいよ、Microsoft と Apple の全面対決になっていきますが、エンタメコンテンツ中心の Apple が基本的にDRMフリー路線であることを考えると、対抗の Microsoft としては、より幅広いジャンルでのニーズを拾うためにも、DRM は活かす方向で進むのではないかな?と想像しています。実際、Microsoft は新DRMシステム「PlayReady」への取り組みを進行中ですし・・・。


DRMフリーは、音楽業界を中心に広がるムーブメントですが、全てのコンテンツ流通がDRMフリーになることはそうそう無いことのように思っています。特にロングテールなコンテンツ領域で単価の高い商品の場合、DRMはビジネスを行う上で必要不可欠な仕組みになると思ってます。そこがDRMと課金をASPで提供する「デジタルコンテンツ王」で活性化させたい市場領域でもあり、可能性を感じているところです。

しかし、DRM付きのWMAがSonyのウォークマンでも聞けるようになるなんて、数年前までは思ってもみなかったことですね。本当に驚きです。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM