家系

  • 2006.10.20 Friday
  • 02:14
誰が言ったか「家系ラーメン」。
学生のころは、吉村家、六角家、横浜家、近藤家と、「家」をめぐったものです。


急にラーメンが食べたくなって、久しぶりに足を運びました。


意外にも近所にあった家系、「濱壱家」。


食券を購入し、カウンターに座り、
「どういたしましょっ」と店員に聞かれ、弱気に「普通で」と答える私。

学生のころは、もっぱら「麺かた」「味濃め」「油多め」でしたが、もはやそれは体への負担が大きすぎるお年頃。

夜中のラーメンですから、そもそも健康を気遣うような行為でも無いのですが、「のり多め」で気持ちヘルシーに。(って、そもそもまったくヘルシーな行為ではない。)

家系ラーメン(のり多め)
注)右端の「のり」はスープに浸してしまったためパリッとしてませんが出来立てはそんなことは無いです。


しばし、学生のころの思い出に浸りつつラーメンを食し、おいしく完食致しました。
ごちそうさまでした。



あの頃、若かったからなのか、このお店がそうなのか。

味のほうは、昔より、だいぶ濃く感じました。


「味うすめ」でも良かったかも。



ちなみに、こんなにあるとは知らなかったです。



今日は、「家」という字に縁のあった一日でした。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM