まわるまわるよ 時代はまわる

小6の娘の宿題に「自習学習」というのがあります。

毎回そのネタを求める娘からあれこれ質問されるのですが、先日「金閣寺と銀閣寺」をテーマした自習学習がしたいというので、娘の頭の整理につきあってあげました。

 

銀閣寺(慈照寺):GW中に京都に行った時の写真

 

金閣寺と銀閣寺は作られた時代の流行りが反映された建造物です。

 

ド派手な金閣寺は、足利義満が建造した別荘で、武家の文化と公家の文化が融合した煌びやかでキラキラしたものが流行っていた時代のものです。

一方の銀閣寺は、金閣寺を立てた義満の孫にあたる足利義政が建造した別荘で、当時流行っていた禅宗の影響を受けて、簡素でありながら非常に洗練された深みのある文化の集大成となっています。

 

娘の自習学習では、この流行りの変化(=文化的なトレンド)という観点で考えてみたら面白いんじゃないの?という大人のいい加減な一言から、娘なりにいろいろ深堀をしてみたようです。

 

で、たどり着いたのは、バブル期に「高級品が良いもの」とされて流行った時代と、現在のように「自然でエコで持続可能なものが良い」とされる時代の変化と同じだね、という観点でまとめ、「今も昔も変わらないのは、時代によってトレンドが変わるということだ」と結論付けて、その部分で先生からはなまるを頂いておりました。よかったね。

 

確かに娘が結論付けたとおり「今も昔も変わらないのは、時代によってトレンドが変わるということだ」ということのように思いますが、ITの業界も同じだなぁと思うのです。

 

常々感じていることなのですが、IT業界、それもインターネット以前の1970年台ぐらいから、大きなトレンドの繰り返しは実は変わって無いんじゃないかなというのが、私の持論でもあります。

 

そのトレンドというのは「集中と分散の繰り返し」ということです。

 

コンピュータ(計算機)が機械式だったころからはじまり、ギアの組み合わせで動いてたいものが、電気信号に変わって、その集積度がどんどん高まって、処理が高速化されて、記憶容量も大きくなって、小型化が進み、さらにはネットワーク化されて、どんどん変化・進化してきました。

 

その過程の中で、IT業界にはトレンドが生まれ、時代のトレンドに乗ってめちゃくちゃ流行ったプロダクトやサービスというのがそれぞれの時代の中にあるわけですが、そのトレンドの大きな流れは「集中と分散の繰り返し」というところになるように思えてくるのです。

 

直近の大きなトレンドはクラウドコンピューティングだと思います。これはどちらかというと「集中」です。

あらゆるデータ、あらゆる機能、あらゆるサービスが、クラウド化という波で、どんどん「雲の上」に集められて行っています。

そんなトレンドにのっかって、メガクラウドベンダー(AWS(アマゾン)、Azure(マイクロソフト)、GCP(グーグル))はものすごい成長をしていますし、SalesForceのようなSaaSも、FacebookのようなSNSも成長してきました。

 

このトレンドがそろそろ終わるんじゃないかというのが、私が感じていることです。

「集中と分散の繰り返し」というトレンドが変わることが歴史的に見ても変わらないことという前提で考えて「そろそろ終わる」と。

といっても完全になくなるわけでは決してなくて、もちろんビジネスとしての継続はあると思っていますが、別のトレンドで新しい熱狂が始まって、ものすごい成長をするものがまた現れるんじゃないかという妄想です。

 

その要因の一つになると思うのは、5Gの登場です。

 

この5Gの普及が「集中と分散の繰り返し」というトレンドの「分散」方向へのシフトを思いっきり後押しするような気がしています。

さらにその背景として「分散」を後押ししそうな技術(5Gの登場で一気に開花しそうな技術)がいくつかあります。

 

IoT関連の様々なプロトコル

ブロックチェーン

マイクロサービスアーキテクチャ

パスワードレスの認証技術

暗号資産

 

これらの技術が5Gシフトで一気にその有効性・有用性を発揮して「分散」のトレンドを生み出し始めるような気がしています。もちろん「クラウド」はその背景にある基盤の技術として活用され続けるので、クラウドコンピューティング自体がなくなりはしないと思いますが、トレンドの中心ではなく当たり前のものになってくるんだと思います。

 

5Gの普及は、これまでのシステム構成を大きく変えるもの(変えられるもの)になると思っています。

今動いているもの、使っている道具は、すべてが5G前提の新しいシステム構成へ変えられていくことになると思います。